faq

  • 商品の使用期限はありますか?

    未開封の状態で正しく保管されていれば製造日より3年間ご使用いただけます。1度開封された場合は、保管状態やご使用状況により品質の低下がみられる場合がありますので、なるべく早めにご使用ください。

  • 敏感肌の方も使用できますか?

    あらゆる肌タイプにご使用いただけますが、お肌には個人差があり、 体調や季節によっても変化します。
    肌への刺激が心配な場合は、二の腕や太ももの内側など皮膚の柔らかい部分での簡易なパッチテストをしていただくか、かかりつけの医師へご相談いただくことをおすすめします。

    ※パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストを実施しておりますが、すべての方に皮膚刺激が起こらないということではありません

  • 「パッチテスト」とは、どのようなテストをしているのでしょうか?

    ヒトの皮膚に対してかぶれや赤み、刺激性などの反応が起きないかを確認するためのテストです。化粧品の成分をシールにして肌に貼り、約48時間後にはがしてからどのような反応が出るかを観察し、判定します。

    ご自身で肌に合うかどうか確認されたい際は、簡易的にパッチテストを実施することができます。

    <方法>

    • 二の腕の裏などの皮膚の柔らかい部分に、化粧品を塗ります(500円玉程度の大きさ)
    • 塗布直後から24時間後に、かゆみ、赤み、刺激などが起こらなければ、通常使用には問題がないとご判断いただけます。
    • すべての方に皮膚刺激が起こらないということではありません
    • 塗った箇所に、かゆみ、赤み、刺激などの異常があった場合には、こすらずにすぐに水でよく洗い流してください。
    • セルフパッチテスト中の入浴はお控えください
  • 「アレルギーテスト」とは、どのようなテストをしているのでしょうか?

    ヒトの皮膚に対してアレルギー反応が起きないかを確認するためのテストです。
    赤み、ブツブツ、かゆみ等のアレルギー症状が出ないかどうかを診断するためのするパッチテストを行い、皮膚反応が出ないことを確認します。

    ※すべての方にアレルギー反応が出ないことを保証するものではありません

  • 「スティンギングテスト」とは、どのようなテストをしているのでしょうか?

    ヒトの皮膚に対して、ピリピリ、チクチクとした感覚刺激(スティンギング)を感じるかどうかを確認するテストです。
    化粧品における「スティンギング」とは、赤みや腫れなどの炎症症状とは別の、ピリピリ・チクチクとした感じやかゆみなどの感覚刺激(皮膚刺激)のことをいいます。化粧品に配合される特定の成分でこのような感覚刺激を感じる人もいるため、そのような人に配慮し、スティンギングテストによって感覚刺激が少ないことを確認しています。

    ※すべての方に皮膚刺激が起こらないということではありません

  • 保管方法を教えてください。

    極端に温度の低い場所、また高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所で保管してください。また、お子様の手の届かない場所に保管していただきますようお願いいたします。

    パフやスポンジ、ブラシは定期的に洗浄し、清潔な状態を保ってください。

  • パフやスポンジのお手入れの仕方を教えてください。

    パフが汚れたときは、メイク落としをなじませる、もしくは石けん等で軽くもみ洗いし、よくすすいだ後水気をきり、日陰で完全に乾かしてからご使用ください。

    ※パフ、スポンジは定期的に洗い、清潔な状態を保ってください

  • メイク直しにおススメのアイテムはどれでしょうか?

    ご自身の肌状態や、なりたい肌印象によってお選びください。
    ■パウダーファンデーション
    マット寄りの仕上りがお好みの方。化粧崩れしやすい方。 しっかりカバーしたい方。
    ■ルースパウダー
    自然なツヤ感がお好みの方。肌がくすみやすい方。

  • 使っているうちに、パウダーファンデーションの表面に細かいブツブツができました。大丈夫でしょうか?

    油分や汗、皮脂などの汚れ、肌になじみきっていない化粧品がついたままのスポンジを使用していると、汚れなどがファンデーションに付着し、表面が固くなることがあります。これを「ケーキング」と呼びます。「ケーキング」が起きた時は、湿り気のない乾いたスポンジを2つに折り、きれいな面の角を使って固まった部分を軽くなでるように取り除いてください。
    ファンデーションをつける前には、スキンケアで使用した化粧品や、プライマーを肌に十分になじませてからファンデーションをつけるようにすることでヨレを防ぐことができます。

    また、ファンデーションには、保湿成分や肌への密着性を高める成分などが配合されているため、ファンデーションをとるときに、スポンジに力を入れ過ぎたり、汚れたままのスポンジで同じ場所を何度もこすったりすると、粉末同士がくっついて粒や塊りができることがあります。清潔なスポンジで表面を均一になでるように、やさしいタッチでファデーションをとってください。

  • パウダーファンデーションの表面が硬くなり、スポンジにつきにくくなりました。どうしたらいいでしょうか?

    パウダーファンデーションの表面が硬くなった場合は、その表面を少し削ることでそのままご使用いただけます。
    なお、パウダーファンデーションの表面が硬くなることを防ぐため、下記をおすすめいたします。

    • ファンデーションを使用する前には、余分な水分、油分などが肌に残らないようスキンケア化粧品を肌に十分になじませてください。また、メイク直しでは、ティッシュやあぶらとり紙で余分な皮脂をおさえましょう。
    • ファンデーションを一定方向に軽いタッチでとることが大切です。
    • パフやスポンジ、ブラシはいつも清潔にしておくよう心かけてください。
  • 化粧下地やファンデーションを使用した際に、肌からポロポロとカスのようなものが出てきましたが大丈夫でしょうか?

    塗布量が多かったり、肌に水分が残った状態でファンデーションを塗布し、こすってしまうと、成分の一部が固まってしまうことがあります。化粧品を重づけする際には先に使用した化粧品をしっかりとなじませてからご使用ください。また、適切な量を使用し、肌をこすりすぎないように注意してください。

  • プライマーを使わずにファンデーションのみで仕上げることは可能ですか?

    基礎スキンケアでお肌を整えた後、ファンデーションのみで仕上げていただくことは可能です。ただし、プライマーにはファンデーションのつきを良くし、化粧のりをよくするはたらきがあるため、メイクを美しく仕上げるためにはプライマーを最初にお使いいただくことをおすすめします。

  • ファンデーションの色の選び方を教えてください。

    頬の下あたりに色をのせて(カラーサンプルを当てて)、首との境目が目立たない色がおすすめです。
    この時、シミ・そばかすにお悩みの方は自分の肌色よりもワントーン落ち着いた色を選ぶことをおすすめします。
    詳しくは、ご購入先のサロンスタッフにご相談ください。

    【お悩み別の色選び】
    • 小さいシミ、そばかす:肌になじむ色
    • 濃いめのシミ、そばかす:肌よりもワントーン暗めの色